多肉植物、韓国苗が美しい理由、韓国の農家さんに聞いてみた

こんにちは!多肉大好き「マルネ」です。

本日は、エケベリアをはじめとして、とても人気のある韓国苗についてお話していきたいと思います!

私は韓国のきれいな苗が好きで、個人輸入をしていたこともあるのですが、その時に仲良くしてくださっていた韓国の農家さんにお話を聞いてみました。

韓国苗とは

韓国苗とは、その名の通り、韓国から輸入された苗です。苗は韓国の農家さんで育てられたものです。

輸入時には検疫所を通過するため土を落として、根を切った状態で輸入されます。根は数週間で生えてきますので、根が無くても問題ありません。

金額は日本で購入できる多肉植物よりも高額ですが、韓国で育てられている多肉植物の品種は非常に多く、日本で購入することのできないレアな品種や、生まれたばかりの新種を購入できることが魅力です。

インターネット通販や、フリマアプリなどで購入することが可能です。稀に置いている園芸店もあるようですね。

韓国苗、なぜ美しい?

写真は韓国農家さんに撮影して頂いた、ハウスの中です。

とっても色合いがきれいですよねー!韓国苗に人気がある理由は、品種の豊富さも一つですが、やはり1番はその美しさですよね。この美しさの虜になって、大量に買い集める方もチラホラ。観葉植物というより、芸術品のレベル‥(笑)

韓国苗は日本で売っている同じ品種よりも色が鮮やかですが、その理由は何なのか。多肉を育てるヒントにもなりそうなので、韓国農家さんに直接聞いてみました。

マルネ
韓国の苗って、なんでこんなに色合いがきれいなんですか?是非教えてください!
農家さん
色々要因はあるかもしれないけど、1番の要因は「1日の気温差が日本より大きい」こと!

農家さんいわく、エケベリアを始めとする多肉植物は、夜は寒い、昼は暑いといった1日の気温差が大きければ大きいほど、綺麗な色になるそうです。

後で調べて知ったのですが、韓国は日本よりも昼と夜の気温差が大きいみたいです。特に春と秋は朝と夜の気温差が大きく、朝は寒い、昼は暖かいといった傾向があります。多肉植物にとっては一見過酷な環境に思えますが、暖かくなり、寒くなる。その繰り返しによってどんどん色づいていくみたいですね。

ちなみに韓国でも夏になると昼夜の気温差が少なくなるため、色が抜けてしまうそうです。韓国苗を買うなら春か秋がきれいだからおすすめだよー!とのことでした。

美しくなるその他の要因としては、ハウス栽培することによって気温差がより大きくなること、多肉植物を生産している農家が日本よりも多く、きれいに育てる技術を持っていることなどがあげられるみたいです。

色だけじゃなくて、形もきれいですよね~!すごい技術です。

買ってきたあとは?

韓国苗は韓国から輸出する際に根が切り落され、国内に入って来ます。根が切り落とされる理由は、日本の検疫所を通過する際に土が付いていると輸入できなくなってしまうからです。

根が切り落とされているけど枯れないの・・?と思われるかもしれませんが、多肉植物は生命力が強いので、土に置いておけば数週間で根が生えてきます。

根がある程度生えてくるまでは、水を上げてはいけません。

苗は乾燥状態にしてあげた方が宿根が早まります。根が生えていない状態では水を吸い上げることができませんので、水をあげてしまうと湿気により多肉にカビが生えて腐ってしまう場合があります。根がある程度生えてきて、少し触っても動かないぐらいになったら、鉢の下から水が出るまでたっぷりと水を上げ、その後は水は少なめで管理します。

まとめ

今回は多肉植物のなかでも人気な韓国苗について、調べてみました。

私は園芸店で働いておりましたので、多肉植物自体は色々見たことはあったのですが、それでも、初めて韓国苗を入手した時はその美しさにちょっと感動してしまいました。韓国は色々と見た目にこだわる文化と言われていますが、その美に対する探究心はすごいな~とつくづく思います。日本でも最近は多肉の人気がでてきているように感じますので、今後は日本でも韓国苗くらい美しい苗が生産されるようになると嬉しいですね・・!

美しさの秘訣の最たるものが、気温となるとなかなかマネはできないですが、ハウスを使うなど環境を整えてあげれば日本でもある程度きれいな多肉を育てられると思います。難しいですが。。(笑)購入したばかりの韓国苗程はいかなくても、枯れない程度に寒さに当ててあげたりと、適切に管理していれば秋から春にかけてきれいに紅葉させることはできますし、韓国苗買ったけど色が抜けて可愛くない。。と落胆せずに、色々研究してみましょう・・!

多肉植物を好きな方は、とってもきれいな韓国苗を是非購入してみてください!新しい世界が広がると思いますよ。他の記事で自分で輸入する方法も紹介しておりますので、興味のある方は見てみてください。

スポンサーリンク
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。