嬉しいけど増えるのが一番困る!?多肉植物、サボテンでよくある3つの困りごと、解決策を考える。

最近、多肉植物が好きです!って話していたところ、こんなことを言われました。

多肉植物ってどんなのですか?
ハエトリグサ?

それ食中植物ですよ!!多肉植物やサボテン、素晴らしい世界なのに、まだまだ知名度は低いということですね。。頑張って広めていきたいところです。

本日は「これから多肉植物やサボテンを購入したい」もしくは「すでに持っている」という方向けに、購入すると発生する3つの問題と、その解決策をお答えします!

多肉植物を買うと困る?
そんなことあるの?
ねっこ
どれも大変な問題・・ということはないですが、
可愛がっていると、地味に困る問題ってあるんですよ!
参考になる方、参考にならない方いると思いますが、良かったら見て行ってくださいね!

1 置き場所に困る

こんないいスペースがあったら・・

まず困るのは置き場所です。

ご自宅に多肉専用のハウスを設けていたり、広い一戸建てであれば困ることはないかもしれませんが、一般的な一戸建てやマンションでは、多肉植物を置くところがありません!

比較的サイズの大きい観葉植物であれば、インテリアとして部屋の隅に置くことが可能ですが、小さい多肉やサボテンの鉢を床に置くわけにはいきません。。特にサボテンなんかは床に置けませんよね(笑)

置けるところであればどこでも良い、ということでもありません。出来れば窓に近いところなどに置いてあげて、太陽の光が当たるようにしてあげたいところです。

解決策としては、窓際や棚の上など、普段使っていないスペースを使用するか、ベランダがある場合は外に置いてくのも良いです。

それでも置く場所が無い!という方は、「吊るす」という方法があります。

100均などでハンギング用の鉢がありますので、ベランダや窓際に少し吊るしたり、ベランダの柵に引っ掛けることもできますので、試してみてください。意外と雰囲気でていいですよ!

2 虫に困る

植物なので、虫が寄ってくることがあります。

部屋に置いていた植物に虫が居たら嫌ですよね。。植物の可愛さ以上に虫の気持ち悪さが勝ってしまうかもしれません。

葉に寄ってくる害虫に対しては、事前にオルトランなどの薬剤によって植物に殺虫効果を持たせるか、すでに虫が来ている場合には植物用の殺虫スプレーが有効です。そして土に寄ってくる害虫に対しては、100均などの安い土の使用を避け、無機質中心の土を使用することでかなり予防できます。

用土についてはコチラの記事を参考にしてみてください。

https://plants365days.com/taniku-soil-989

すでに植え込んでしまっている場合は、土の表面に、ゼオライトを化粧砂として敷いておけば予防できますよ!

3 増えすぎて困る

サボテン、多肉植物は基本的に成長速度が遅い方ですが、それでも春や秋にはもりもり成長してくれます。さらに、「葉挿し」、「挿し木」などで比較的簡単に増やすこともできます。

始め小さい1鉢だったこの子が今や大量に・・なんてことはよくあります。

さらに・・勝手に増えるだけじゃありません!!新しい子を購入してしまい、増えます(笑)

多肉植物とサボテンは大切に育てれば、何十年も生きます。

普通の草花であれば、咲いた後は枯れ、季節によって植え替えを楽しめますが、多肉やサボテンは寿命が長いために家にずっと置いておくことになります。単純なことなのですが、購入すればするほど増えていきます。

増えすぎた場合の解決策は3つあります。

1.寄せ植えする

鉢が増えてきた場合はまとめて寄せ植えしましょう。サボテンの場合は難しいかもしれませんが、エケベリアなどの多肉植物は寄せ植えすると見た目もきれいです。省スペース化できて、一石二鳥ですよ!

2.ほかの人に売る、あげる

基本的に植物には中古という概念がありません。可愛いくて、立派に育った子は売れますし、欲しい人も多いと思います。メルカリやヤフオクなどを一度覗いてみてください。意外にたくさん取引されており、多肉を増やしてお金を稼いでいる人もいます。自分が丹精込めて育てた子達で、誰かが喜んでくれたらうれしいですよね!

3.心を鬼にして捨てる

どうしても行き場のない子たちは思い切って捨てましょう。多肉植物やサボテンの寿命を全うさせてあげられることは稀です。可愛そうですが、「ありがとう」という気持ちをもって捨てるのです。

誰も恨みません、ただし土は自治体の定める処分方法に従い、処分してくださいね!

まとめ

いかがでしたでしょうか?個人的には、増えるのが一番困ります(笑)

自宅が広い方は家の庭に大きな温室を設けたりしているようですが、なかなかマネできないですよね。かといって捨てるのもかわいそうで。。

でも好きなことで悩めるって幸せなことだと思います。参考になればうれしいです、最後までありがとうございました。

スポンサーリンク
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。