【除草剤】雨の日に撒いても効果ある?|雨に強い除草剤もご紹介!

迷惑な雑草を手軽に枯らしたり、雑草が生え無いように予防できる優れもの「除草剤」

 

 

除草剤は基本的に撒くだけで効果を発揮してくれますが、撒こうとした時に限って雨が・・なんて事はよくあります

 

 

「雨が降りそう・・でも、できれば今日撒きたい!」そう思われる方も多いかと思いますので、今回は

 

 

「除草剤は雨の日に撒いても効果ある?」

「除草剤を撒いたけど、すぐに雨が降ってしまった・・」

「雨に強い除草剤ってあるの?」

 

 

これらの点について、元ホームセンター社員の筆者が解説していきたいと思います!

 

 

除草剤は雨の日に撒いても効果ある?

雨が降っている最中に撒くのはNG! ですが、

雨の日でも撒き方、薬剤の種類により効果を発揮できます!

 

 

※降っている最中は薬剤が流れて効果が薄くなってしまうだけでなく、薬剤が雨水に流され広範囲に広がってしまう恐れがあるため、撒かない方が良いです

 

 

 

 

除草剤は大きく分けて2種類「液体のタイプ」と「粒状のタイプ」があり、雨の日の使い方、注意点はそれぞれ異なります

 

 

液体タイプの除草剤

液体タイプは、グリホサートを主成分とするものが多く、このグリホサートは葉や茎から吸収されて、その後光合成を阻害することで植物を枯らします

 

 

十分な効果を発揮させるためには、葉や茎に6時間ほど付着させる必要があるため、液体タイプを撒く場合は基本的に雨が降り止んでから撒いた方が良いです

(多少葉が濡れていても枯れます。薄めて使うタイプであれば、少し濃いめにして撒くのがオススメ)

 

 

 

雨が降る前に撒いておきたい!という場合は、吸収速度を高めたラウンドアップなどを使うのがオススメ

 

 

 

ラウンドアップマックスロードであれば、散布後1時間で雨が降っても問題なく植物を枯らすことができます

 

 

ちなみに・・・お酢の除草剤は濡れている雑草に撒いても効果が薄いので、雨が降る前に撒いた方が良いです。ただし、4〜6時間程度は付着させる必要があるため、雨が降りそうな時には注意しなくてはなりません

 

 

粒状タイプの除草剤

粒状タイプの除草剤は土に撒いて、根から吸収させることで植物を枯らします
粒状タイプは溶けて土に浸透するまで時間がかかるため、雨の日に撒く場合は雨が止んでから撒くようにしましょう
雨が降る前に撒いてしまうと、粒状のまま雨水に流されてしまい周囲の環境を悪化させる恐れがあります
湿った土に撒いても良いの?と思われるかもしれませんが、土へ浸透して効果を発揮するタイプなので、特に問題ありません

まとめ

雨の日に除草剤を撒く場合は、基本的に雨が上った後に。「どうしても降る前に撒きたい」という場合は、即効性の高い液体タイプの除草剤を使用!

除草剤は強い薬剤ですので植物が枯れるかどうか、という点だけでなく周囲の環境にも十分配慮する必要があります。周囲に田畑や河川がある場合には特に薬剤が流出しないよう注意してください・・・!
スポンサーリンク
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。