犬、猫よけに便利な植物!|コリウス     カニナハイブリットってどんな植物?

「犬や猫の糞尿被害に困っている・・」という方、多いですよね

私は数年前までホームセンターに勤務していましたが、犬や猫の忌避剤やトゲトゲマットなどの対策商品はかなり売れていました

忌避剤は確かに効果はありますが一度雨が降ると効果激減。トゲトゲマットもあるけど、ちょっと露骨・・

そんな時におすすめしたいのがハーブの「コリウス カニナハイブリット」!

コリウス カニナハイブリットとは?

和名コリウス カリナハイブリット
学名Coleus canina hybrid
分類シソ科コリウス属
草丈40cm〜50cm

コリウス カリナハイブリットはドイツで生み出されたハーブです

その葉には特有の香りがあり、犬や猫だけでなく狐も寄り付かないとか

日本ではあまり知られていない植物ですが、ドイツなどヨーロッパの一部ではよく花壇や庭などに植えられ、動物の忌避植物として一般的に用いられている植物です!

植物なので機械や薬剤よりも効果は薄いですが、その分安全でどこにでも起きやすく、自然な感じで犬猫の対策ができちゃいます

見た目はちょっとミントに似ていますが斑入りで可愛くコリウスらしさもあり花壇や寄せ植えにも使いやすい!

コリウス カリナハイブリットの入手方法

・ネットショップで購入する

・園芸店、ホームセンターで購入する

5〜6月に店舗で売っていることがありますが、取扱店は少ないのでネットショップで買うのがオススメです。この時期の執筆時点(5月中旬)では楽天市場で購入可能でした

コリウス カニナハイブリットの育て方

コリウス カリナハイブリットは鉢植えがおすすめ!

暑さに強いので露地栽培が可能ですが、寒い時期は屋内などに待避させることで越冬が可能なため鉢植えがおすすめです

葉が多い方が忌避効果は高いので大きめのプランター、植木鉢を選ぶようにしましょう

・用土

用土は普通のコリウスと同じで花用の培養土であればなんでもOK!水はけ、通気性が良く、適度な保水性のある土が適しています

・肥料

植え付け時に緩効性肥料を与え、あとは1ヶ月に1回程度化成肥料もしくは液肥を与えます。肥料は少なめでも元気に育つのであげすぎには注意

↑緩効性肥料はマガァンプがオススメ

忌避効果を高めるために

コリウス カリナハイブリットの忌避効果を高めるために、以下のポイントを意識して育ててみてください!

・日当たりの良い場所に置く

特有の匂いは葉から水分が蒸散する際に強く発せられるものなので日当たりの良いところに置くことが大切!

・乾燥気味に管理する

乾燥状態で管理した方が匂いが強くなるため、水のあげすぎに注意しましょう

・根付いたら1度刈り込む

植え付けた株がしっかりと根付いたら一度根元から10cmくらいのところで刈り込むのがオススメ

刈り込むことで脇目が出てきて茎が増えたくさんの葉っぱをつけてくれるので、香りが強くなり忌避効果がアップします!

・置く前にしっかりと消臭する

コリウス カニナハイブリットに限らずですが、犬や猫の忌避効果のあるものを撒いたり、置いたりする前にはしっかりと消臭しなければいけません

特に猫は糞や尿の匂いがする場所をトイレと認識するので、消臭が必要です

まとめ

今回は犬猫の忌避に便利なコリウス カリナハイブリットをご紹介しました

犬や猫が大好きでも、家のまえにフンや尿をされたり花壇を荒らされるとショックを受けるはず・・

だからと言って人目につく場所で露骨に対処するのも気が引ける・・そんな時は忌避効果のある植物がもってこいです

カリナ ハイブリットがおすすめですが、入手が難しい場合はヘンルーダ なども忌避効果がありますので、ぜひ一度お試しください!

スポンサーリンク
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。