【多肉植物】韓国苗の輸入販売は儲かる?

多肉植物のなかでも、その美しさが評判で人気が高い韓国苗

そんな人気の高い韓国苗は、現状自分で輸入するか、ネットオークション・フリマアプリ等で他の方が輸入したものを買うしかありません

購入しようと思って、ネットオークション・フリマアプリを見ていると、こんなことを思う方も居るのではないでしょうか?

韓国苗仕入れて売れば儲かるんじゃない?

売れてる履歴を見てるとそう思っちゃいますよね。実際最近個人で輸入して販売している方が増えているようにも思います

そこで今回は

韓国苗

輸入して売れば儲かるのか?

利益を上げるためにはどうしたら良い?

について、解説していきたいと思います!

韓国苗の輸入販売は殆ど儲からない

いきなり結論ですが、韓国苗の輸入販売は儲かりません

上手くやれば利益は出ますが、労力に対して得られる利益が少ないんです

より詳しく解説します。

売れ残りが発生する

販売目的で多肉植物を仕入れる場合、単価を抑えるために数種類の多肉を10個~20個単位で卸の業者さんから仕入れることになります

大量に仕入れると、1個千円前後で売れるような多肉が1個200円~500円程度で手に入るので、すべて問題なく売れればかなりの利益が上がりますが、実際は売れ残ることが多いです。500円で仕入れたものが1000円で5個売れても、5個売れ残れば利益はゼロ。7個売れても3個売れ残ると、利益は2千円です。

生きものならではのリスク

当たり前ですが、生き物なので品質は一定ではありません。20個仕入れたら10個きれい、7個普通、3個色形が悪い・傷入りなど、、工業製品ではないので個体差が強いです。傷が入っている物、状態の悪いものは売れませんし、毎回同じ品質でもないので、前回良かったけど今回悪い。なんてことも

また、多肉植物は生き物なので適切に管理し、日々面倒を見てあげる必要があります

多肉植物は生命力が強いので管理についてはそこまで大変ではないですが、「100個ぐらい仕入れてそのまま段ボールに入れて放置」はできません、置き場所を考える必要があります。

そして、上記の売れ残りにも関連する話ですが、多肉植物は色落ちしたり枯れたり、日当たりが悪いところで管理してしまうと徒長したり枯れたりします。見た目が悪くなった多肉は売れにくくなりますし、仕入れ時の写真を使って販売するとトラブルの原因にもなるでしょう

売ることができない個体は100%でてきますし、ロスは確実に発生します

梱包材が必要&梱包が大変

売れた多肉植物を封筒に突っ込んで発送・・・なんてできませんよね

発送する場合はつぶれないように、食品保存容器などに緩衝材と一緒に詰めて発送することになるでしょう。保存容器は100均でも購入可能ですが、発送するたびに地味に痛い梱包費が発生することになります

また、費用の話ではありませんが、梱包はかなり大変です。植物なので潰れないように、容器の中で暴れないように配慮して梱包する必要があります。1日に20、30個梱包するとなると相当大変でしょう。宛先も書く必要があるので、時間がかかります

第4種郵便の使い勝手が悪い

多肉植物は栽培目的の植物なので、郵便局の第4種郵便で発送すれば郵送費をかなり抑えることができますが、この第4種郵便は不便です。

梱包容器含めて50g以下なら 最低価格の73円で日本のどこにでも送れるなど、大きなメリットはありますが、発送は郵便局の窓口からしかできません。

ポスト投函したり、コンビニから発送することはできませんので、郵便局の窓口の空いている時間に持ち込む必要があり、1点1点重量を確認してからの発送になるので、かなり時間が取られます

第4種郵便の注意点等はコチラ↓の記事にもまとめています。

出品が大変

植物なので1点1点様子が異なります

インターネットで売る場合は写真が大事ですから、基本的に1点1点撮影して写真を用意する必要があります。そのため沢山の多肉植物を写真撮影して、出品するのはかなり手間がかかります

利益を上げるためには?

韓国苗の輸入販売は稼げないと書きましたが、収益を上げる方法が無いわけではありません

収益をアップさせる方法の一部をご紹介します

フォロワー・固定客を付ける

価格を安くしたり、梱包を丁寧にする、ネームプレートを付けるなどして、一度購入してくれた人がリピーターになるよう工夫ができれば、売り上げは安定します

仕入れた多肉をほぼ100%売ることができれば、副業としてなり得るかもしれません・・!

売り方を工夫する

メルカリのライブ配信による販売で多肉植物を売っている方を見かけたことがあるかもしれませんが、このライブ配信を活用した売り方は割と有効みたいです

売り方を工夫・・色々なフリマアプリで出品する、サイトを自ら運営して販売する、SNSで集客する。などなど

色々と方法はありますが、販売数を増やす方策を実践してみましょう

レアな1点ものを仕入れて売る

他の出品者と差別化するために、仕入れ値は高いけど売値も高くなるような1点ものの多肉植物(レアなものなど)を仕入れて売るのもありです

仕入れの際に大きな不安が伴いますが、高いお金を払ってもレアものが欲しいというコレクターの方々が購入してくれる可能性があります

販売数が少なくても、1個の売り上げが大きければ効率は良いです

まとめ

韓国苗の輸入販売は 家に居ながら仕入れと販売ができるので 、手を出す方が多いようですが

韓国苗の輸入販売は儲かりません

工夫すれば利益を出すことは可能かと思いますが、現状だと普通に内職もしくはバイトしていた方がマシかと

xplant等をつかって輸入する場合は、あくまで自分用として使う方が良いかと思います!

スポンサーリンク
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。